シンクロリフト

シンクロリフトシステム

シンクロリフトとは

シンクロリフトとは船舶を海から陸へ昇降させる大型エレベーターです。
回転速度一定のシンクロモーターを使用したホイストで、船体への負荷を均一化しながら船舶を上架および進水させるので、従来の斜路(スリップ)式と比べ、負荷の一極集中を避けることができ、船体や船底機器類の損傷リスクを回避できます。

リフトの能力は最大昇降荷重5,000t、全長85m、幅25m、毎分25cmのスピードで船に負担をかけること無く上架が可能です。

シンクロリフトは欧米を中心に世界で200社を超える多くの修理造船所で採用されており、ここ日本でも沖縄総合事務局の御指導のもと「ロイド船級」に基づき設計承認された、非常にクオリティの高いシステムです。

 

特徴

安全な上架

船体のシャープな艦艇、大型ヨット、船底形状の複雑な船型、FRP船、これらはドック時に様々な危険にさらされます。
縦曲げモーメント発生による船体損傷、船底機器類の損傷等シンクロリフトなら心配ありません。

plant_01

(シンクロリフト上架の様子)

 

 

素早い対応

不意の浸水、プロペラ損傷、エンジントラブル。
このような時シンクロリフトは即座に船を上架、素早く緊急修理に対応できます。
上架および進水作業が少人数、短時間で可能です。

例) 船舶の誘導 :15分  
  上架作業 :50分  
  陸上引込み :10分  
  船体固定など :15分 合計90分
 

 

快適な作業環境の創造

上架後のヤードは完全な平地の為、従来の修繕施設と違い省略化された清潔で快適な作業環境を作ります。